無料相談へ

相談B型肝炎給付金は、弁護士の力を使っていくのが一番の早道です。スムーズに手続きを進められるようになるのは、自分の代理人として行動できるからとなるでしょう。裁判の手続きになれているという人は、非常にまれな存在です。弁護士は専門家ですので、心配せずに進められるようになっています。相談の段階で、本当に受け取りができるかどうかも判断できますし、必要な書類の指示もしてくれるため、何も心配はいりません。ほとんどの書類も用意していきますので、本人でなければ手にすることができないもの以外は、手間も全くかからなくなります。

B型肝炎給付金では、訴訟を起こす時に、集団予防接種を受けたことを証明することがポイントです。資料も必要となってきますが、自分で用意が難しいこともありますし、手元にはないといったケースも少なくありません。弁護士に依頼すれば、医療機関に問い合わせもしていきますし、必要となる資料集めもすぐにスタートします。

弁護士に相談する場合には、まずは無料相談を利用するといいでしょう。多くの弁護士事務所がおこなっていますので、実績のあるところを見つけやすいメリットもあります。ハードルも大きく下げられますので、まずは相談して進められるかどうかを確認してみるといいでしょう。

≪参照リンク≫弁護士法人アディーレ法律事務所


訴訟が条件

訴訟B型肝炎給付金は、受給に関して特定の条件を満たすことが必要です。一次感染者の場合には、満7歳までに集団予防接種を受けていることが要件であり、B型肝炎ウイルスに感染していることを証明できることが必要になります。遺族の方や二次感染者である母子感染であっても証明できれば受けることができるのも特徴です。

病態によって支給される金額が異なりますが、重度の場合にはかなりの金額になることもあり、手続きをしないのは、あまりに大きな負担になってくるでしょう。症状が出ていない場合でも、支給されることになりますし、条件次第で検査費用も出ます。それほど大きな社会問題であるといっていいでしょう。

問題は、受け取るために国に対して訴訟を起こすというプロセスが必要なところです。訴訟を起こし、和解が成立することで受け取れるようになっているのが、大きなネックにもなってきています。もちろん、一般的な訴訟よりも負担は軽減されているものの、訴訟というだけで腰が引けてしまうのも理解できるところでしょう。そこで、弁護士を利用する方法が基本線となってきています。弁護士であれば専門家になってくるため、負担もほとんどなく進めていくことが可能です。


B型肝炎の給付金

B型肝炎は、特定の年代で数多くの被害者を出してしまった社会問題です。集団予防接種という問題によって感染を広めていってしまいました。集団予防接種を受けるときに、今では考えられないことですが、注射器を使いまわししていたことが大きな原因です。ひとりでもB型肝炎に感染していれば、そこから当然のごとく、どんどん感染者を増やしてしまいます。それも短期間ではなく、長年危険性に気づかなかったことが、多くの感染被害を生み出すことになりました。結果として気づかなかったことにより、垂直感染である母子感染したケースも生み出しています。B型肝炎だからといって、いきなり死に至るようなケースはありませんが、状況によっては重症化することもあるため、リスクが低いわけではありません。すべては、国がしっかりとした対策を敷いていれば起きなかった問題です。

給付金被害を受けた人たちは、国に対して集団訴訟を起こすことになったのは当然の流れでしょう。裁判がおこなわれた結果、長い時間がかかりましたが、国と被害者との間に和解が成立することとなりました。これによって、被害者に対して給付金を支給することになっています。特定の要件を満たす必要がありますが、期間が定められているものの、手続きを進めていくことによって、受け取りが可能です。

B型肝炎給付金は、申請するだけでは受け取りができません。訴訟を起こすという手続きが必要となってきますので、参考にしながら手続きを考えてみてはいかがでしょうか。