B型肝炎の給付金

B型肝炎は、特定の年代で数多くの被害者を出してしまった社会問題です。集団予防接種という問題によって感染を広めていってしまいました。集団予防接種を受けるときに、今では考えられないことですが、注射器を使いまわししていたことが大きな原因です。ひとりでもB型肝炎に感染していれば、そこから当然のごとく、どんどん感染者を増やしてしまいます。それも短期間ではなく、長年危険性に気づかなかったことが、多くの感染被害を生み出すことになりました。結果として気づかなかったことにより、垂直感染である母子感染したケースも生み出しています。B型肝炎だからといって、いきなり死に至るようなケースはありませんが、状況によっては重症化することもあるため、リスクが低いわけではありません。すべては、国がしっかりとした対策を敷いていれば起きなかった問題です。

給付金被害を受けた人たちは、国に対して集団訴訟を起こすことになったのは当然の流れでしょう。裁判がおこなわれた結果、長い時間がかかりましたが、国と被害者との間に和解が成立することとなりました。これによって、被害者に対して給付金を支給することになっています。特定の要件を満たす必要がありますが、期間が定められているものの、手続きを進めていくことによって、受け取りが可能です。

B型肝炎給付金は、申請するだけでは受け取りができません。訴訟を起こすという手続きが必要となってきますので、参考にしながら手続きを考えてみてはいかがでしょうか。